有限会社 将建工業

事業内容business

各種足場の組立解体工事

構造物取付工事 解体工事

各種資材リース

足場工事について

単管足場

単管足場

メリット

  • ・狭い敷地でも設置可能

デメリット

  • ・工期が長くなりがち
  • ・部材が重い
  • ・高コスト

「単管」と呼ばれる鉄パイプを組み合わせて足場を組み建てる工法です。
鋼管に金具を噛み合わせてボルトで締め、パイプ同士を接続して、足場を組み立てます。
2本の支柱の間に歩み板を並べたものが「二側足場」、1本の支柱にブラケットという腕木をだし、その上に歩み板を並べたのが「一側足場」と言います。
小規模な工事や幅が狭いビル間での作業現場などの足場として用いられます。

枠組足場

枠組足場

メリット

  • ・組立・解体が容易
  • ・工期の短縮が可能
  • ・高強度

デメリット

  • ・高コスト

足場仮設工事で最もよく使われる工法です。
鋼管を門型に溶接された建枠にはめ込み、交差筋違い・鋼製布板などの基本部材を組み合わせて足場を組み立てます。
建枠に筋違い・布板を組み合わせることで、さらに強度を高めることができるので、施工高さの上限は原則地上45mまで可能で、高層のビルやマンション建設などに適用が可能です。

くさび式足場

くさび式足場

メリット

  • ・組立・解体が容易
  • ・工期の短縮が可能
  • ・低コスト
  • ・耐久性が高い
  • ・強度が高い

デメリット

  • ・設置場所の確保が必要

各部材には凸金具、または凹金具※が備えられており、その金具同士をハンマーで打ち込むことで固定し組み立てる工法です。
一定間隔に支柱となる鋼管を置き、緊結部付きの水平材、斜材などをくさびで緊結して足場を組み立てます。
主に低中層建築物の工事に適しています。
※凹金具をくさびといいます。

施工事例

H30年度ソーラー設置
H30年度ソーラー設置
H30年度金沢競馬場
H30年度金沢競馬場
H29年度某現場
H29年度某現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H29年度施工現場
H28年度施工現場
H28年度施工現場
H28年度施工現場
H28年度施工現場
H28年度施工現場
H28年度施工現場

お問い合わせ

TEL:076-290-5477076-290-5477
営業時間:8:00~17:00 
定休日:日曜・祝日
FAX:076-290-5611 
※FAXは24時間対応